英語力が伸びない?諦めるのはまだ早い!原因を対処法を把握して突破しよう!

こんにちは、やまです。

「英語力が伸びない?諦めるのはまだ早い!原因を対処法を把握して突破しよう!」

というタイトルで今回は記事を書いていきます。

 

英語力が中々伸びなくて悩む人は多いと思います。

僕自信も、かつては全く英語ができなくて、

伸び悩んでいた時期もありました。

 

高校生の頃も、大学の英文科に入りたての時も、

英語がコンプレックスレベルで苦手でした。

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

 

しかし、勉強法やモチベーション管理、伸びる為の思考法などを学んだ結果、

TOEICは200点代から800点まで伸びました。

また、英会話もある程度は出来るようになりました。

そんな僕の実体験から伸び悩んだときの対処法を話します。

英語力が伸びない?諦めるのはまだ早い!原因を対処法を把握して突破しよう!

英語力が伸びない原因は沢山あります。

人によってステージが違いますし、

勉強法などの技術的な問題なのか、

それともモチベーションや思考法などのマインド面なのかにもよります。

英語力が伸びない一番の原因は、強い苦手意識から来るセルフイメージの低さ

 

英語力が伸びない一番の原因は、強い苦手意識の場合が多いです。

過去の僕のように、英語塾で最下位で、強いコンプレックスを抱く人や、

学校の授業で大きな恥をかいたり、

受験で失敗してしまったことからの自信喪失など、原因は様々です。

 

ただ、安心して欲しいのが、

英語力を伸ばすのには、センスも才能もいらないということです。

 

僕はTOEIC500点で就活をしていた時に、

TOEIC700点を取れるようになりたい!と面接で話したところ、

面接官「そんな夢見たいな話して大丈夫?」と、

面接官から非常に馬鹿にされました。

 

あの悔しさとショックは今でも忘れていません。

しかし、僕はその次の年の社会人1年目の時には、TOEIC700点を突破する事ができました。

英語力に自信はありませんでしたし、不安もありました。

それでも「俺は絶対にTOEIC700点を取るんだ!」と強く自分に言い聞かせました。

 

人は新しい挑戦や変化を本能レベルで拒否してしまいます。

だからこそ、セルフイメージを高く持つ事は非常に大事なのです。

英語力が伸びない原因は「TOEIC、英検対策、英会話」など、色んな事に分散しているパターン

過去の僕の英語力が思うように伸びなかった原因は、

まさにこれなのですが、色んな事に手を出し過ぎて、どれも中途半端でした。

 

・TOEICで800点以上の高得点が欲しい

・英検の準一級を取りたい

・英会話も向上させて、国際交流をしたい

 

バランスを取っているようで、

色んな事を一気にやり過ぎてしまうと、どれも極まらない状態になってしまいます。

これはよく陥る罠みたいなものでもあります。

 

学校の教育は、

バランスを取って、授業のカリキュラムを組みます。

それにテストも全教科での高得点を求めますよね。

 

なので、自然と自分の英語学習もバランスを取る事を考えてしまうのです。

しかし、バランスを取ろうとする事が一番の非効率で、

過去の僕のように全部中途半端になってしまいます。

 

なので、英検をやるなら英検だけをずっとやる。

TOEICなら、TOEIC対策をずっとやる!など、

1つのやる事を決めて、それに集中的に力を注ぐのが最もゴールまで早いのです。

これは非常に大事な事なので、是非覚えておいて欲しいです。

紙に書き殴る英単語学習は、非効率過ぎるからやめるべき!

英単語の学習に多いと思うのですが、

紙に書き殴る英単語学習は、ものすごく非効率です。

これは大学生の頃の僕もやってしまっていました。

 

大学の図書館で、英単語を書いて書いて書きまくっていました。

今考えると、かなり時間がもったいなかったなと大反省です。

 

なぜなら、英単語の勉強に時間がかかり過ぎてしまいます。

書かなければ、1000単語の復習を出来るのが、

書く勉強を採用することによって、

200単語しか復習できないとか、とても多いパターンです。

 

完全に書く事が悪い事ではありませんが、

1つの単語につき、10回、20回と書くのは完全に非効率です。

英語力が伸びないのは、モチベーションが続いていないから!これも多い!

次に、モチベーションが続かないせいで、

英語力が全然伸びない人も多いです。

モチベーションが続かないから、英語学習を途中で辞めてしまう。

「明日英語学習をやろう!」と思っていたら3ヶ月も経ってしまった。

などなど、結構あるあるです。

 

英語学習のモチベーションについては、

僕は海外ドラマを見ることや、外国人とチャットをしたりする事をオススメします。

あと、モチベーションは勝手にはやってこないので、

モチベがなくても参考書を開いてみるのは、大事な事です。

 

過去に英語学習のモチベーションに関して、記事を書きました。

なので、是非、そちらの方を読んでいただけたらなと思います。

英語学習のモチベーションの保ち方をまとめてみた【7選】

英語力が伸びないのは、焦り過ぎてしっかりトレーニングが出来ていないパターン

英語力を伸ばそう伸ばそう!と思い過ぎて、

心の中で全く落ち着きを取れずに、何も進まないパターンもあります。

 

僕は、英語に関してはこのような事はありませんでしたが、

趣味のギターで、このような失敗を経験しました。

 

他の人が順調に進んでいるのをみると、

尚更、自分に落ち着きを取り戻せない事もありました。

でも、焦り過ぎは絶対に逆効果しかありません。

 

ましてや、1夜だけ頑張っても、英語力は伸びません。

だから、長期的な視点を持つ事はとても大事ですよ。

英語力が伸びた未来を想像してみるのは、脳科学的にも効果が高い!

英語力が伸びた未来を想像してみるのは、脳科学的にも効果が高いです。

 

・外国人とカッコよく英語で話したい

・外国人の彼女、彼氏が欲しい

・海外留学や旅行で、英語をペラペラ話したい

・TOEIC800点、900点を取って会社で昇進したい

 

など、英語を学ぶ人には何かしらの目標があると思います。

目標が達成された後の自分を想像する事は、

脳が現実だと勘違いしてしまうので、非常に効果が高いのです。

 

だから、既に目標が達成された人を装って、

1日過ごしてみるのも1つですし、

既に自分の目標を達成している人に会いに行ったりするのも、

自分の未来を明確にみる事が出来るので、オススメです!

英語力が伸びたら、必ず自信が付く!掴み取ろう!

今がどんなに英語力が伸びていないとしても、

諦めずに学んで行動をしていれば、必ず突破する事が出来ます。

 

僕自信、TOEICが500点前後で停滞してしまったことがありました。

その時は、「どんなに受けても、もうダメなのかな」と不安にもなりました。

しかし、諦めずに英語学習を継続していたら、

600点→700点→800点と英語力が伸びていきました。

 

今は英語力が高くて、周りからチヤホヤされている人でも、

だいたいはみんなこのような伸び悩む経験をしています。

なので、諦めずに楽しんで継続していきましょう。

 

では、今回は以上になります。ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。