「英語に毎日触れる環境作り」が英語の上達には最短!

こんにちは、やまです。

今回は、英語を上達させるには環境作りが大事だよ!

という話をしていきます。

 

最初から毎日5時間勉強する!と決めると、

ほとんどの人が間違いなく挫折してしまいます。

なぜなら、そもそも「脳が毎日英語に触れる環境に慣れていないから」です。

 

ともっともらしいことを言っている僕ですが、

元々は、英語が大の苦手で英語コンプレックスでした。

そんな僕のプロフィール記事も下記に載せておきます。

 

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

「英語に毎日触れる環境作り」が英語の上達には最短!

 

英語力を上げたいのであれば、

まずは、英語に毎日触れる環境を自分で作るべきです。

 

人間は、毎日触れているものには、

・親近感

・慣れ

・意識

などが圧倒的に高くなります。

 

これを読んでいる方の大半は、英語力を上げたいはずです。

となると、毎日3分でも良いから英語に触れましょう。

 

・洋楽を聴く

・海外ドラマを観る

・TOEICの音声を聴く

など、コツは軽めからスタートする事です。

「英語に毎日触れる環境」を僕はこのように作りました

 

具体的に、僕がやっていた事を紹介します。

 

・英語学習のブログを読んでモチベを上げる

・英語で日記を書く

・簡単な洋書を読む

・海外ドラマを英語音声で観る(日本語字幕OK)

・TOEICの音声をイヤホンで聴く

・英語で外国人にチャットをする

・外国人の友達を作って、出来るだけ一緒に時間を過ごす。

 

1日の中で全部をやっていた訳ではありません。

その時期その時期によって、やってきたことは違います。

英語に毎日「楽しみながら」触れる事が継続のコツ

あまりにも英語を勉強勉強と考え過ぎたら、すぐに挫折してしまいます。

だから「楽しみながら」というのが一番大事です!

 

僕は、海外ドラマが好きだったので、とても楽しみながら観れましたし、

日本語字幕から観ていたので、

特にストレスもかかりませんでした。

 

でも、英語の音声を耳で拾おうと軽く意識をしていたのです。

この事によって、リスニング力は間違いなくアップしました。

 

毎日英語に触れるには、努力しようとなんて思わなくても良いのです。

「ふと気付いたら、自分は英語に触れていた!」くらいの軽さが大切です。

英語に毎日触れる約束を破ってしまっても、落ち込むな!今日から新たな気持ちでスタート!

 

英語に毎日触れると決めたのに、

5日間は続いたけれど、6日目は何も出来なかったとかあるあるですよね。

 

このような事は、僕も何度もありました。

・人と会う予定が長引いてしまった。

・体調を崩して寝込んでしまった。

・なんかダラダラしてまった。

 

このような事が起こった時に、

真面目な人ほど、自分を強く責めてしまって、

その結果英語を辞めてしまうという人が多いのです。

 

というか、日本人にとても多くて、

非常にもったいないなと僕は思うのです。

 

と考えた時に、「開き直る気持ち」は絶対に必須ですよ。

人間はロボットのようにはいかないので、

時には思うように進まない事もあるのです。

 

だからこそ、失敗を考慮した上で前に進む事が大切で、

開き直る気持ちも持っておくべきです。

英語に毎日触れる事は難しくない!簡単だと思い込むのも大事!

英語に毎日触れる事って、

慣れてさえしまえば難しくありません。

「1日に3分だけで良いから、英語に触れる」

 

と考えると、結構気が楽になりませんか?

もしかしたら、そう思えない人もいるかもしれません。

 

であれば、多少強引でも良いので、

「簡単だと思い込む」は、非常に有効です。

 

人間は少ならず、思い込みの生き物です。

特に根拠がなくても、自分には出来そうだ!と思えば、

だんだんと出来ない事も出来るようになります。

 

逆に「無理だな」と何度も心の中で繰り返していると、

なかなか出来るようになる未来は来ません。

そういった自分の思い込みをうまく使いましょう。

 

「英語が伸びない対処法」という記事で、

その辺は詳しく触れているので、是非読んでください。

英語力が伸びない?諦めるのはまだ早い!原因を対処法を把握して突破しよう!

「英語に毎日触れる」と英語を学ぶモチベーションが持続する

英語に毎日触れると、英語を学ぶモチベーションが持続しやすいです。

人って日常的に触れているものに、だんだんと興味や親近感がわく生き物です。

 

僕は新卒時代に外資系の農業機械メーカーで働いていました。

単に英語を使いたい!という気持ちで就職をしたので、

ぶっちゃけると、農業にも機械にも全く興味はありませんでした。

 

しかし、そんな僕でも、

毎日、農業機械について聞いたり、触れたり、観たり、を繰り返す事によって、

なんだか自然と興味が湧いてきて、楽しくなってきたのです。

 

要は、「好き」って外部からの刺激によって、

割と変わるものなんですよね。

自分の尊敬する人が好きなものとかって、割と簡単に好きになる事が出来たりしますからね。

 

この辺を知っておくと、

英語学習にもかなり活かせるので、是非覚えておいてください。

英語で毎日叶えたい夢を想像しよう。【イメトレ最強説】

英語で毎日叶えたい夢を想像しましょう。

なんだかんだ、このイメトレは強力です。

 

スポーツの世界でも、

プロのアスリートはイメトレを徹底しています。

 

脳は理想と現実を区別できないので、

自分の理想を明確に想像してしまえば、

現実だと勘違いして、叶えやすくなるのです。

 

最初に聞いた時は、そんなバカなー!と内心思っていました。

しかし、自分で実践をしてみたら、

大の苦手だった英語がそれなりに得意になりました。

 

英語に関しては、

・TOEIC200点→800点まで伸びた

・英語で外国人と1日過ごせるようになった

・英語のみで旅行が出来るようになった

 

などなど、効果は絶大です。

何事もバカにはせずに、まずはやってみた方が得です。

そして、やった人にしか分からない未来は必ず存在するのですよ!

今回のまとめ

今回のまとめですが、

毎日英語に触れる事が苦にならなくなれば、

それだけで英語学習の中では、少数派でそれなりに英語で成功できます。

 

結果を求める事は大事ですが、

それと同じくらい環境づくりは大切ですからね。

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。