第237回のTOEIC公開テストの結果をします

こんにちは。やまです。

今日は先日受けたTOEIC公開テストの結果を発表します。

2019年1月13日に行われた全国一斉のTOEIC公開テストです。

久々に受けたことや体調が悪かったことから、

今回は期待できないなーと思っていました。

というのは、ダサいのですが、いやー本当に悔しいいいい。

で、発表していきたいと思います。

TOEIC公開テストの受けた場所

その前に、今回ですが僕は東京の蒲田でテストを受けてきました。

大田区に住んでいるということから、すごく便利な場所でした。

今まで地元の北海道で受けていたときには苫小牧から札幌まで1時間かけて車で通ったりと

していましたので、東京は近くでテストを受けることができてめっちゃいいなーと。

これもおそらく東京では受ける人の数が半端ないからかなと思いました。

蒲田だけでも相当な人がいて、帰りは蒲田駅がTOEIC帰りの人だけでも

すげー人だかりだって感じだったのです。

第237回のTOEIC公開テストの結果を発表

はい、結果はこの通りで800点からだいぶ落ちてしまいました。

リスニングが425点でリーディングが300点の725点でした。

リーディングはかなり壊滅的だなと思っていたのですが、

やはり結果が来るとショックですね。

もちろん、自分の点数が上がってこの点数でしたら悪くはないのですが、

僕は実際に下がってこの725点なので悔しいなと思っています。

第237回TOEIC公開テストの感想

まず、1月13日ということで、

正月休みを挟んだことから実家に帰ったりしていたので、

対策が全然できなかったなーと反省しています。

また、TOEICは今の形式になってだいぶ難しくなっていて、

特にpart3が一気に問題数が多くなったということと、

part4は僕的には一番複雑でいきなり自信を失くすpartだなーと思いました。

今後はこの辺をもっとガッチリと固めていきたいです。

そうすると、リスニングは425点から470点くらいまで飛躍できるかなと思います。

過去の800点取った時はそのくらい取っていました。

 

また、リーディングは全然ダメでしたね。

リスニングでだいぶ体力を使い果たしたということから、

リーディングは結構最初から脳が結構疲れていた。

完全なる事前1ヶ月の対策不足だったなーと反省しています。

というか本当悔しいなと感じています。

TOEICを受ける前には生活リズムの調整が大事

これは僕がフリーで仕事をしているということが主な理由となるのですが、

かなり体内時計が不規則な状態なのもまずかったなーと思います

TOEICは午後の13時から集中モードに入らなければいけないですし、

しかも、2時間ぶっ続けで脳をフル回転させないとできないです。

僕は正月に飲みすぎたということや、フリーランスということから、

かなり体内時計が崩れて、しかも体調まで崩していました。

それは言い訳にはならずに、その日の自分の実力でしたね。はい。

TOEICの点数が落ちたのに記事で公開した理由

どうして800からここまで落ちたのに公開したの?と思うかもしれませんが、

それは自分の失敗した所も包み隠さずに出していきたいとうモットーが僕にはあるからです。

少なからず最近僕自身がTOEICを受けたということを証明したいですし、

自分で900点の実力があると豪語しながらも700すらいかない発信者もいるわけで、

ネットだと盛ろうと思えばどこまでも盛れてしまうのです。

だからこそ、僕はそういう人とは一緒にされたくないですし、

今回は自分の点数をしっかりと公開しました。

ただ、引き戻すというよりかは、

850点や900点を取るために今後はもっと頑張ろうと思いますし、

みなさんのモチベを上げられる存在でありたいなと感じています。

今後の僕のTOEIC学習計画について

今は色んな教材があるので、

いろいろ試していきたいなとは思います。

ただ、今僕がやっている金フレや公式問題集、勉強法の教材などをガンガン消化していこうと思っています。

では、今回は以上です。

ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。