日本人の英語ができない5つの理由と対策を考えてみた

こんにちは。やまです。

「日本人の英語ができない理由とその対策」について話していきます。

感覚ではなくて、どうして英語が苦手かということや、

どうすれば、英語ができるようになれるのか?

をしっかり抑えて改善を図ることによって、確実に英語力がついていきます。

僕自身も英語が大の苦手で、

通っていた塾で過去最下位の劣等生だったということや、

そこから何度も恥をかいたり、

もがきながら英語力をつけてきた経験も踏まえてまとめていきます。

日本人が英語ができない理由と対策について

文法と発音が英語と日本語はではかけ離れている

そもそも、日本人が世界的に見て英語が苦手なのは

確かに義務教育制度のせいもありますが、英語と日本語では、文法や音が全然違います。

だから、はっきり言って苦手なのは当然なのです。

英語ができないことを最初から深く気にする必要なんてありません。

例えば、中国語というのは音も割と英語に近いものがあって、

英語の発音をマスターするのも苦ではありませんし、

似たような音があるということは、リスニングの苦労がありません。

文法も中国語は英語にかなり似ています。

また、ヨーロッパ諸国に関しては、単語や文法がかなり英語に似ています。

だから、習得するのに苦労がいらないんですよ。

強調して言いたいことは、

他の国とは英語学習のスタート地点が違うから、最初から比べるのは意味がないということです。

よく世界各国と日本人の英語のレベルを比べられますが、

そもそもスタート地点が違うんだよ?ということを前提に考えましょう。

日本人は英語で恥を掻くことを恐れすぎている

語学学習をしていくにあたって、

避けられない一番の部分は、「恥を掻く」ということです。

ここを多くの日本人は恐れすぎていて突破できないのです。

具体的には、英語を話す時の発音や文法の間違えの部分です。

英語学習者の一番の目的は、英語を話せるようになりたいということ。

でも、英語を話すとなると相手に通じないかもしれないし、

発音がしょぼすぎて笑われるかもしれないと考えた時に、

一番自分を守れる方法は、何も行動しないこと。

という、最も成長を妨げる選択をほとんどの人がとってしまいます。

 

僕も最初は、大学の授業で英語を話すことがすごく怖かったですし、

間違えたらどうしようと思えば積極的になることができませんでした。

ですが、人間の脳は被害妄想するように出来てきて、

想像するほとんどのことは現実として起こらないのです。

それに一生懸命語学を習得しようと努力している人を笑ったりバカにする奴は

そいつこそ一番の愚か者です。

だから、そういう奴は放置して進んでいく勇気を持ちましょう。

英語が話せるということを夢かのように刷り込まれている

次にあまりにも英語ができるということを特別視されているということ。

主にテレビやメディアの影響が大きいと思います。

これに関してですが、

勉強やスポーツと同じで正しい努力を継続すれば英語は身になります。

英語にセンスも才能も全くいらないのです。

ですが、英語ができるということをあまりにも特別に想い過ぎる結果、

自分とはかけ離れているような物だと思ってしまうから、

潜在的に英語習得が無理だと感じてしまうのです。

これを読んでいるほとんどの方よりも僕の方が英語は大の苦手でした。

そんな僕でも日常会話や簡単なビジネス英語くらいの習得はできました。

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

まずは、自分にもできると自分を信じることを徹底するべきです。

楽して何もせずに英語が身につく方法は基本的には無いと諦めるべき

人間というものは、基本的に努力をしたくない生き物です。

だから、「英語を聴くだけで話せるようになる」という教材がバカ売れしてしまうのです。

僕はあの教材を持っていないですが、

英語を聴くだけで口から出るようになるというのは絶対に嘘です。

あの教材を買った知り合いもいますが、口を揃えて英語を聴くだけはで無理だと言っています。

それは、TOEICだけを徹底して英語を学んでも英語が話せない人がいるように

英語を話すためには、恥をかきながらでも話す練習をしていかないといけないのです。

確かに効率の良い勉強方法を調べることは大事なことですが、

それは「行動するという前提ありき」のことです。

でも、行動の習慣化をすれば、英語学習が楽になります。

英語学習を楽に継続するためには習慣化を身につけること

英語ができなくても生きていけるから

英語ができなくても日本で生きていくことが容易だから!という理由も大きいですね。

人間は本気を出せばびっくりするくらい色んなことができます。

ですが、本当に習得が必要でない限りは本気で頑張れないものです。

 

多くの人は、学校や仕事、主婦の方なら子育てや家事という

忙しい日々をおくりながらも英語学習をやっています。

それ自体は本当に素晴らしいことだと思います。

でも、英語をやらなくても生きていけるという環境であることが

なかなか、本気を発揮できない理由ともなっています。

 

ですが、これが英語ができないと収入を得ることができない環境であれば、

英語ができる人が一気に増えます。

留学や海外生活などの環境を作れれば、それは最適なのですが、難かしい人も多いと思います。

なので、普段から英語に触れる環境作りです。

その1つとしてTOEICの点数を上げることを目標にするにはすごくおすすめです。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。