英語コンプレックスを克服した僕の大きな1つのきっかけについて

こんにちは。やまです。

僕は今でこそようやく自分の英語力に自信を持てるようになりました。

 

・TOEICで800点取れたり、

・外国人の友達と1日英会話のみで過ごすことや日本の観光案内ができたり、

・海外旅行に行っても現地で友達ができたりと、

英語が得意になってから自分の人生がとても楽しくなりました。

 

ですが、もともと英語が好きで得意だったわけではなくて、

僕は小中学校通っていた英語塾で過去最下位の劣等生だったり、

英語に関しては苦手意識やコンプレックスをすごく抱えていた方でした。

 

そんあ僕がどのように英語コンプレックスを克服してきたか

これを読んでいる英語が苦手だけどこれから頑張りたいという人に向けて

勇気をもってもらうためにも紹介していきます。

 

僕の英語コンプレックスは小中学校通っていた塾で過去最下位と言われたことが始まりだった

まず、僕が最初はどれだけ英語ができなかったかという前提をお話ししていきます。

僕は父親が英語が苦手で学生時代に授業についていけなくて困った

という理由から英語塾に通うことになりました。

それも実家の隣の建物の塾に既に兄が行っていたため、

その流れで僕も行くことになりました。

 

北海道の田舎ということや個人塾ということから

マンツーマンの授業を受けることになりました。

 

その授業ではリスニングとリーディング中心だったのですが、

同じ問題を何度やらされても答えられなかったり、

次の週にまた同じ問題を聞かれても答えられないなどを繰り返して

恐ろしく塾で使っていた専用の参考書が先に進まなかったのです。

 

小学4年生から通っていたのですが、

小学5年生になっても僕は4年生の時の参考書をやらされるはめになりまして、

「教科書が終わらないとは、過去で初めてのことだ」と言われて、

過去最下位の記録を作ってしまいました。

 

さすがに小学生といえど、これは相当ショックでした。

自分でもそんなに頭が悪いのかと。

数10年も運営されている塾で過去最下位ってどう考えてもできが悪いというレッテルじゃないですか。

 

また、同じく通っていた2つ上の兄はかなり優秀でした。

余裕で教科書が終わるどころか、教科書以外のプリントなどもガンガンこなしていたと

塾の先生から聞きましたし、

年も近いことから比べられることも多いんですよね。

ますます。英語への劣等感やコンプレックスを抱えることになりました。

 

塾で英語の参考書が終わらない負の連鎖が中3まで続き英語コンプレックスはどんどん強くなっていった

小学4年生で終わらない参考書を小学5年生でやるとなると、

もちろん、5年生用のテキストに入るのも半年くらい遅れてしまいます。

そんな感じで、参考書が終わらないという負の連鎖が永遠に続きました。

 

中学生になったときは、

中学生用の参考書を使うことになりましたが、

同じく僕のペースが遅すぎてまた、中1用のものが中1の1年で終わらなかったりと続きました。

どうしてこんなに遅いかというと、間違えた問題の答えを先生は教えない方式だったんですよ。

 

自分で解けるようになるまで、何度も何度も考えさせられますが、

僕はそれを解けるまで何週間もかかったり、

結局解けないまま、数週間も経って最後に答えを教えられたりと続きました。

こうなると、自分のモチベーションややる気スイッチも切れてしまいます。

 

何度も親に「あの塾を辞めたい!」と言いましたが、

隣で気まずいからとか、

辞めたらもっと勉強に困るという理由からやめさせてもらえずに、

諦めて行くしかない状況が続きました。

塾に行けば行くほど自信を失くすという負の連鎖です。

 

そのまま、英語塾は中3で卒業して

高校時代は2年生の後半くらいから他の塾に通いましたが、

そこでも5人中で僕が一番英語ができませんでしたし、

早く英語学習の教育から離れたいとも思っていました。

 

高校3年の進路を決める時に海外留学や国際交流に初めて興味を持った

僕が高校3年生の時にどこの大学のどの学科に行こうかと悩んでいた時のことです。

単に大学卒業という肩書きが欲しいということや、

大学の夏休みや冬休みが長いという理由だけで大学に行こうと考えていました。

 

某大学の社会情報学部とか別に興味もない学部だけど

推薦だけで合格できそうだなとか舐めたことを考えていたのですが、

やりたいこともないのに年間数100万円も払うのは、

まずいなと思いましたが、学びたいことがなくて悩んでいたんですよね。

 

そんなときに、大きめのホテルで行われる大学説明会に参加して

東海大学の説明をなんとなく聞きに行くことにしました。

最初は、実家が漁師ということもあって海洋系の学部に興味があるから

東海大学の説明を聞きに行ったのですが、

そこでついでに英語の学部の説明を聞くことになりました。

 

自分には英語なんて向いてないからなと消極的だったのですが、

・大学に来る留学生との国際交流

・外国人の先生からの英語での授業

・英語を学ぶのではなく、英語を喋って自分の世界を広げる

・海外留学で分校のハワイで短期留学ができること

 

などを聞いて、今までは留学や国際交流という話を聞いても

自分には関係ないとか、

よく分からない世界だから怖いなと躊躇していたのですが、

もしも英語を話せたらどんなに自分の世界が広がるんだろう?

 

と考えるとすごくワクワクして胸が高鳴りました。

自分がハワイに留学して英語をペラペラ話しているイメージを頭に浮かべてみたり、

ネイティブの先生に英語でガンガン質問をしている想像などをして、

なんだか気持ちにスイッチが入ったかのように一気に英語で希望を持つことができました。

 

過去の英語での失敗体験に捉われずに英語で夢を見たことが英語コンプレックス克服の1つのきっかけだった

この後に、英語の勉強を本格的に始めたのですが、

過去の英語での失敗から気持ちを大きく入れ替えたということが大きかったと思います

そのきっかけはやはり、

自分が心からワクワクする英語での夢を想像したからでした。

 

・海外留学

・英語を使っての仕事

・外国人の友達や先生と英語で会話すること

 

このために僕はTOEICなどの資格の勉強だったり、

英語を話せるようになるために大の苦手だったリスニング力を鍛え上げました。

大学に入っても最初は、

・TOEICの点数が280点という低い点数だったり、

・授業で簡単な問題に答えられなく恥をかいたり

・英検2級に3回も落ちたり、

と恥をかくこともたくさんありました。

 

でも、それでも自分の中の明確な希望があったからこそ、

時には他人から英語力を見下されることがあったり、

他人との比較で落ち込むことがあっても、また頑張ろうと思うことができました。

 

・分からない単語はすぐに辞書で調べるようにしたり、

・聴く音楽を洋楽にしてみたり、

・海外ドラマを観るようにしたりと

・英語で1日の日記をつけてみたりと

 

自分の生活を英語に染めていきました。

すると、着実に自分の英語力が伸びていることを体感できました。

そんな小さな成功体験が僕の英語コンプレックスを少しずつ解消してくれました。

 

英語コンプレックスを克服するには自分の可能性を信じて努力し続けること

英語ができないというコンプレックスは、過去の失敗体験だったり、

今の現状から溢れ出てくる感情ですが、

でも、これからできることを積み重ねれば未来を変えることはできます。

 

僕自身も英語塾で劣等生だったことや、

大学でも入学当時にTOEICが280点で落ち込んだこともありますが、

そんな僕がTOEICで800点取れるようになったり、

英語で外国人の友達を観光案内したり、

英語の学習相談を友達から受けるようにまでなることができました。

 

明確な目標を持って

それに対しての正しい勉強法を練ってから英語学習を習慣化すれば

英語力は必ず上がります。

だから希望を捨てないで日々努力していきましょう。

では、以上です。

 

 

 

 

 

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。