英語学習のモチベーションが上がらない時に確かめるたった1つのこと

こんにちは、やまです。

 

今回の記事では、

「英語学習のモチベーションが上がらない時に確かめるたった1つのこと!」

という話をしていきたいと思います。

 

英語ができるようになりたいのにモチベが上がらないとか、

英語自体が好きになれなくて困っている!という方には是非読んでほしいなと思います。

 

先日も英語学習のモチベーションについての記事を書きました。

英語学習のモチベーションの保ち方をまとめてみた【7選】

それだけモチベを上げることって非常に大事なことなんですよね。

 

TOEIC、英検、英会話と英語学習にも様々なものがありますが、

モチベさえあれば、どんどん英語学習を意欲的に進めることができて、

自分の叶えたい英語での未来を創っていくことができます。

逆にモチベがなければ、勿体無いくらい進まなんですよね。

英語学習のモチベーションがない時にすべきこと

英語学習のモチベーションが上がらない、

それも長期的に上がらなくて悩んでいる!という方には、是非やってほしいことがあります。

 

一体なんなのか?と言いますと、

本当に英語が必要なのか?英語を何のために学ぼうとしているのか?

ということを思い出して欲しいのです。

 

もしも、自分にとって全然必要のないことだったら、英語を辞めるのも1つでしょう。

ですが、英語ができることでも社会的なメリットや、外国人の友達との出会い、

英語が話せる人としての今後の人生というのは、

自分の新しい世界というのがいくつも広がっています。

 

せっかく、英語を学んだからにはTOEICで700点、800点という点数を目指したり、

英語で外国人と会話ができるところまでは目指して欲しいな!と思います。

そのためにも、もう1度自分が何のために英語を学ぶのか?

ということを確かめてもいいのではないか?と思います。

英語学習のモチベーションの根底にあるものを探せ!

次に英語学習のモチベーションの根底にあるものを探せ!ということなのですが、

自分はどんな時に英語のやる気が上がるのか?

ということを自分で知るべきなのです。

 

僕自身は、英語が誰よりも出来なすぎてコンプレックスがあまりにも酷かったのです。

通っていた塾で過去最下位だったり、

リスニングが出来なすぎて大学の授業でも人1倍苦労したという経験を持っています。

大学生の時に初めて受けたTOEICもわずか200点台の点数でした。

 

そこからの反発心だったり、周りを見返したい!とか、

一度は英語を諦めたものの、英語で夢を見たい!と思ったことが大きかったです。

詳しいプロフィールは下記の方から読むことができます

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

 

他には、外国人の彼氏や彼女が欲しい!とかモテたい!でも良いんですよ。

英語ができるだけで、格好いい!と言われることは確かにありますよ。

これを不純な動機!という人もいますが、

そういうことにいちいち文句を言っている人ほど何も行動しない人が多いです。

 

魅力的な異性にモテるために、1つのことを頑張るとは素晴らしいことじゃないですか。

そんな人を僕は心から尊敬しますし、

それが英語でも全然OKだと思います。

 

自分の中で、英語ができるようになったらの1番の輝かしい未来を想像して、

それを目指してみましょう。

英語学習のモチベーションなんて、1日1日でリセットされると考えておくと良い

英語学習のモチベーションは、たった1日でリセットされます。

昨日の夜は、海外ドラマやTEDの公演を聞いてやる気が出たものの、

日が変わるとやる気が喪失した!なんてことは、普通にあります。

 

モチベなんて1日単位、または数時間単位で変わってしまうものなんですよね。

これを知らない人は自分のモチベーションに期待し過ぎてしまって、

自分を期待通りに動かせないからこそ落ち込んでしまうんですよね。

 

以前の僕も全く一緒でした。

「どうして、こんなに俺はダメなんだ!」と思ってしまうわけですよ。

ですが、人間のモチベーションはすぐに変化してしまうもの!と知っておけば、そんな自分に冷静に対応することも可能です。

一番ダメなのは、あまりにも自分を責めすぎて何も身動きがとれないことです。

非常に勿体無い!

夜寝て朝起きるだけで、モチベというのはまたゼロから始まるのです。

英語学習のモチベーションがなくても、椅子に座って机に向かってみることが大事

英語学習のモチベーションがなくても、行動を開始してしまうことが1つのコツです。

どんなにモチベがなくても、椅子に座って机に向かってみましょう。

これがものすごく大事です。

 

僕は高校生の時に、教科担任の先生からモチベに対するアドバイスを受けました。

高校の先生になるだけでも狭き教員採用試験を制覇しているのだから、

ものすごく有益で深いアドバイスを受けれるのか?と期待していました。

 

ですが、高校の先生「とりあえずやれ!やればモチベは出る!」

これを聞いて、最初は根性論とかそういうの求めていない!と腹が立ったんですよ。

ですが、これが理にかなっていることで、脳は怠け者だということなのです。

 

だから、何も行動しなければ脳は働こうとはせずに、

何もやらないように仕向けてくるのです。

この対策として、椅子に座って机に向かうことが有効です。

英語学習のモチベーションは、学習10分後に着火する!

とりあえず、英語学習を始めろ!ということで始めてみてください。

すると、英語学習を始めて10分後くらいにはモチベーションが着火すると思います。

運動でも同じですが、

準備運動をやって徐々に体をあっためてからが、本当の練習が始まるのです。

 

だから、実際に始める前のモチベなんてなくてもいいのです。

英語学習を開始する前にモチベがあったとしても、

やり始めてから下がってしまっては全く意味がないからですね。

 

モチベって本当に面白く深いもので、予想外のタイミングというか気づけば熱中していた!

という気分になりますよ。

決して長い時間集中できなくても、その日の学習で何か大事なものを1つでも得られればOKです。

それを徐々に積み重ねていきましょう。

英語を好きになれなくてもOK

たまに英語を好きになれないと悩んでいる人がいます。

以前の僕もそうでした。

 

あまりにも英語ができないから面白くなくて、楽しむこともできないのです。

ですが、ある程度慣れてきたら自然と楽しむことができるようになりますし、

机の前のでの英語の勉強が楽しくなくても、

英会話をするようになったら一気に英語が楽しい!と思える日も来るでしょう。

 

野球も全く同じで、

素振りしかできない時点では、野球の楽しさなんて分からないんですよ。

また、英語は自分の世界を広げるツールの1つなので、

英語を学ぶことによって得られる、知識、情報、出会い、マインド、思考力などが本当に重要なところです。

 

ちょっと英語ができるだけで、このような得をすることもあるよーという記事を下記に貼りました。

僕は英語が得意と職場で知られただけで周りに超尊敬された。

 

英語学習のモチベーションのまとめ

最後にまとめに入りますが、

モチベーションにセンスも才能もないのです。

モチベは工夫1つで身につけることが可能だということですね。

今回話したことを是非参考にしてもらえればな!と思います。

 

また、頭に良いも悪いもなくて、

誰もにパソコンよりも何100倍のスペックの機能を持っている脳が備わっています。

だから、自分の可能性を本気で信じてみましょう。

私にはどうせ才能がないとか平気で言う人がいますが、

脳もそれくらいのパフォーマンスしかしてくれなくなります。

 

ということで、今後に活かしてください。

以上です。ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。