TOEIC高得点の700点、800点が最終目的になるのは勿体無いこと

こんにちは、やまです。

今日は、TOEIC高得点の700点、800点が最終目的になるのは超勿体無いことだ!

というお話をしていきたいと思います。

 

僕はTOEICを自分の英語学習のモチベーションや次へのステップ、

日常の生活シーンやビジネス英語の練習と考えながら、

TOEIC学習を着々と進めてきました。

とりあえず、800点までは取ることができて良かったなと思っています。

 

それだけでは終わらずに、英会話や国際交流、留学や海外旅行などをして、

外国人の友達や今では親友となるような人との出会いがあったり、

異文化を肌身や会話で感情を共有しながら学んだり、

自分の価値観が世界が大きく広がって、人生を180度変えるきっかけとなりました。

 

僕は最近、TOEICについての発信をしていますが、

TOEICで高得点を目指すことについてはとても良いことだと思います。

TOEICの点数を持っていると就職、留学、キャリアアップと自分の可能性が広がりますし、

英語に関しても強く自信を持てると思います。

 

ですが、TOEICの点数だけを取ることが英語学習の目的になっている人も多いと

色々と調べていたり、人から話を聞いていて気付きました。

僕はTOEICに挑戦することや高得点を取ることを推奨しますが、

それだけで終わるというのは非常に勿体ないと思っています。

TOEICは英語学習の最終目的なのか?

TOEICの点数だけを求めても何も広がらない

TOEICに一本に集中するというのは、一定の期間は良いと思います。

TOEICを本格的に勉強すれば、リスニングもリーディング力も大きく上がって、

色々な日常会話やビジネス英語の単語や表現などを学ぶことができます。

 

その結果、

みなさんの一番の目的である英語を喋れるようになって外国人との国際交流や海外旅行や留学、

など英語での楽しい未来を目指しやすくなります。

 

とてもよくできたテストですし、

TOEICの点数が高いだけで社会的信用が強くなったり、

英語が得意な人で1つのことに対して一所懸命に努力できる人だと認められるので、

TOEICで高得点を取るメリットは大きいです。

だから、せめて700点や800点くらいまではとれるようになった方がいいと思います。

TOEIC200点台だった僕でも英語を勉強して人生が変わった【まとめ5選】

 

ですが、TOEICで高得点を取るだけで安心してしまって、

その後に英語自体の勉強をいきなりやめてしまう人が多いのです。

TOEICと英会話というのは、共通点はあるけれど実際は全然違いますし、

一般的な990点満点のTOEICテストであればスピーキングは求められませんし、使う機会もありません。

だからTOEICがいくら高得点でも英語を喋ることを勉強しなければ、

英語を話せるようにはなりません。

逆に英語が喋れてもTOEICで高得点を取ることはできないんですよ。

 

TOEICで高得点を取れれば、確かに就職や転職の幅は広がるかもしれません。

ですがその希望職種に転職できたとしても、

実際に英語を話せと言われた時には、

話せなかったりして期待に添えない痛い想いをするかもしれませんし、

自分の世界が大きく広がるということは、まずないでしょう。

TOEICが800、900点の高得点なのに一切英語が話せないのは世界が広がらない

僕の幼馴染でも、TOEICの点数と学歴だけはやたら高い友達がいます。

おたく気質なところがあるので、ひたすらTOEICの勉強に集中したと言っていました。

ですが彼は全く英語が話せないのです。

なぜなら、やろうとしなかったからですね。

また、コミュニケーションも積極的にとるタイプではないのですが、

非常に勿体ないなと僕は思っています。

 

どんなに今自分のコミュニケーションに自信がなかったとしても、

改善しようとか、成長したい!と思って少しずつでも努力し続ければ人間は大きく変わることができるのです。

で、話が逸れちゃいそうですが、

英語を話すということさえできれば、楽しい未来がたくさん待っています。

・日本で外国人と国際交流をして異文化や歴史、違う価値観を学ぶ

・英語は世界共通言語なので、一気に何10カ国の人と会話やチャットができる

・海外旅行や留学に行っても会話がスムーズになり、現地の人と仲良くなれる

・外国人の恋人と付き合うという選択肢ができる

などなど、他にも英語ができることによっての良いことはもう山ほどあります。

TOEICの高得点は英語学習の通過点であって、もっと英語を使って人生を楽しもうぜ

英語を学ぶだけで終わるのではなく、

英語を使って人生を楽しめるようになろうぜ!と僕は強く思います。

言語というのは、結局コミュニケーションを円滑にするツールです。

学ぶだけで終わるというよりも、それを使って何かを得ましょう。

 

特に人との出会いや経験というのは、かけがえのない自分の財産となります。

僕も大学に入って初めてアメリカ、カナダ、オーストラリア人の大学教授と接したことや

スウェーデン、ノルウェーの留学生と生活を共にしたことは自分の視野をとても広げてくれて

自分を大きく成長させてくれましたし、良い刺激ともなりました。

 

詳しくはプロフにも書いています。

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

英語でアメリカから世界最先端の情報を受け取る取ることもできる

英語は学ぶだけでは、勿体無いのでガンガンつかってなんぼです。

アメリカが経済や技術の世界の最先端であるということから、

英語で情報を受けられるようになれば、

IT技術や世界が注目しているトレンドなどについて英語で情報を受けられるようになります。

 

最近は、ITを使ったマーケティングやプログラミングについて学ぶことが多いのですが、

日本人でもかなり勉強している人というのは、

海外からの情報にアンテナを立てて英語で直に情報を受けています。

別にビジネスじゃなくても、音楽が好きなら音楽の情報、

車が好きならば、車の情報をとにかく直で受けると意外な発見があったりします。

 

日本にその情報が来る頃には、一度翻訳をされていることから意訳でニュアンスが違ったり

便利な翻訳ソフトを使っても同じことが言えます。

ですが、アメリカから直の情報となると、とにかく情報の分母数が全然違うのです。

とにかく、最後はどんどん英語を使っていくことを目的としましょう。

少なくとも僕はそうして良かったと思っています。

では、今回は以上です。ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。