【随時更新】TOEIC600点を取る勉強方法&参考書まとめ

どうもこんにちは。やまです。

 

今の日本でTOEICというのは英語学習市場のほとんどを占めているような状態です。

就職活動、会社内での昇進、転職、

TOEIC高得点を持っているとセンター試験や教員採用試験の免除などなど

多くの場面でTOEICの点数というのは必要とされていますし、

TOEICの点数をある程度持っていれば信頼や英語力の証明になります。

 

僕の就活の経験や友達でCAや旅行関係、教育系で働いている友達に聞くと、

TOEICの点数を推すのであれば、最低でも600点は欲しい

理系の人の話や転職の条件とかでも600点以上という求人はとても多いです。

 

ちなみに僕自身も800点は持っています。

僕もそうでしたが、、300、400点から600点を取るまでというのは、

非常に大変な時期で、600点まで伸ばせれば700、800までの道のりはそんなに困らないのです。

 

ですが、市場がでかいだけにはっきり言って、やっても意味のない参考書があまりにも多いのです。

本屋さんに行ってもTOEICの参考書だけけで溢れていますよね?

ほとんどが意味、又はスコアアップまで遠回りする教材ばかりです。

 

この記事を読んでくれている方ができるだけ近道をして600点以上は達成してもらうためにも、

TOEICの効果的な勉強方法や参考書をまとめていこうと思います。

そもそもTOEIC600点の英語力のレベルとはどのくらいなのか?

TOEIC600点というレベルは、

・就活や転職で履歴書に書けて一般の人よりは英語が得意

・英検2級は余裕で受かるけれど、準1級は厳しい

・日常会話や簡単なビジネス会話が聴き取れる

・海外留学で行ける留学プランがTOEIC600点以上くらいから増えてくる

 

という感じのレベルになります。

ですが、英検2級は2次試験でスピーキングがありますし、

新たに1次試験でもライティングテストが組み込まれたため、

完全に同じもの指しで英検とTOEICを比べることはできません。

僕が英検2級受かった時は、TOEIC550点程でした。

 

センター試験の英語で8割以上とか取れる人は、

リスニング対策さえ少し補強すれば取ることができます。

 

僕自身はハワイの3ヶ月留学で日常会話が多少できるくらいで600点でしたが、

スピーキングはTOEICSWというアウトプットに特化したバージョンしかないため、

英会話力とTOEICレベルは、比較できません。

 

要するにTOEIC600点とは、英語がある程度は得意という社会的証明になります。

TOEIC600点はどのくらいの正解率で到達できるのか?

TOEICの解答率は6割程度でいくと言われています。

はっきりと断言できないのは、何割取れは何点というのが正式に決まっていないからです。

 

TOEICは問題用紙を持ち帰ることもできなければ、英検のように答えあわせをすることもできません。

平均点を毎回580点前後にするためにその時の試験者の解答率によって巧妙な計算が行われています。

 

とはいっても、毎回大幅にぶれるわけでもないです。

僕が受けてきた手ごたえとしては、6割くらい正解できれば600点はいくだろうなと思いました。

TOEIC600点以上を取るために必要な参考書

まずは、単語帳を1冊用意しておきましょう。

TOEICの単語帳は金のフレーズだけでいい

この金フレと略されている単語帳はかなり再現性が高いです。

著者自体がTOEICに何度も何度も受けながら使われる単語を徹底的に分析して

この単語帳が出来上がりました。

 

語数も1000単語でまとまっており、

僕も普段のTOEIC対策や試験直前の時にはこの単語帳を使ってきましたが、

あれも出た!これも出た!とかなり助けられました。

単語帳を何冊も買うよりは、

次に紹介するTOEIC模試を使って実践からわからない単語を覚えていくようにした方が良いです。

なぜなら、単語単体だけで暗記していたも文の中での使われ方を把握できなければ本番には太刀打ちできないからです。

TOEIC公式問題集と公式Listening & Reading問題集を何度も繰り返せば高得点は簡単だ

次に公式問題集ですね。

もうこれが一番大事な参考書です。

単語帳を1冊しかおすすめしないのも、様々な単語帳をやるよりも、

これに時間をかけて欲しいからです。

 

ETSというTOEICのテストを作っている協会が発行しているテストで、

僕はこれを繰り返すことで300点代から795点まで点数が上がりましたし、

900後半の点数を持っている知り合いも基本的にこれを繰り返すといっていました。

ただ、これはさすがに1冊だけだと2回分の模試しか入っていないので、

同じくETSが発行している公式TOEIC Listening & Reading問題集

もう、問題の回答を丸暗記してしまうくらいまで1つ1つ繰り返すことが大切です。

まずは、1冊の模試2つを5回、6回、7回と解きましょう。

そこまで短期間で3冊を何度もこなすと、600は超えるはずです。

何度もこなせば600どころか700点、800点と到達できるはずです。

ちなみにTOEICはリスニングが点数を稼ぎやすい構造になっている

これは正式な理由も企業秘密だと思いますが、

僕がこれまで10回以上TOEICを受けてきて確実に言えることは

リスニングの方がリーディングよりも点数が稼ぎやすいです。

リスニング問題は、リーディングのように時間が足りなくて何10問も塗り絵になることもないですし、

聴き取らなければいけないということから、あまり難しい単語もそんなに出てこないです。

 

600点を目指すのであれば、リスニングのpart2、part3、part4を何度も何度も繰り返して、

リスニングだけでも400点を超えれるようにしてしまえば、

リーディングは大量に残しても600点を超えることは可能です。

そこまで極端じゃなくても、先にリスニングの対策をしておいた方がTOEICはかなり楽になります。

TOEIC600点に紹介した以外のの参考書はいらない

単刀直入に言いますが、

今紹介した以外の市販で売られている問題集は必要ないです。

僕もTOEICが500点台で停滞していた時は色んな文法書や英単語帳、など色々買いましたが、

そちらばかりに気を取られて本番にもっとも近い公式問題集を全く解いていませんでした。

 

模試を解いて、わからない時に文法を調べるくらいが最短です。

逆に金フレ単語帳と公式問題集を何度も何度も穴が空くほど勉強した上での

文法書に手をつけるのであれば、OKです。その方がかなり効率的です。

もちろん、今のレベルがTOEICで300点も超えないレベルであれば別ですが。

 

逆に購入すべきものは、

モチベがアップのために高得点の人の考え方や経験、努力の過程を知ることですね。

そのための読書や海外ドラマ、ブログの購読とかはおすすめです。

ぜひ、僕のブログの他の記事とかも読んでみてはと思います。

TOEIC700点の壁を超えるための考え方と勉強法

TOEIC模試を通すのがきつければ、区切って何度も対策する

TOEIC600点を目指しているレベルであれば、おそらく今の点数が400点、500点台の場合が多いかと思います。

僕もそのくらいのレベルの時は、

模試の問題を通すということが難しすぎてなかなかできませんでした。

であれば、細かく区切って勉強しましょう。

リスニングの鍵を握るpart3、part4を何度も何度も繰り返したり、

part5の文法問題ではできるだけ間違えないように何度もやってみる。などですね。

リーディングであれば、できれば一番分母の大きいpart7を何度も繰り返すべきですが、

とにかく最初はハードルを下げて少しでも続けるということが大切です。

参考記事を貼っておきます。

英語学習のモチベーションの保ち方をまとめてみた【7選】

TOEIC600点は6割の正解率で取れるから慣れれば余裕である。

TOEIC600点は6割程度の正解率で取れるものなので、

完璧じゃなくてもいけるよ!ってことです。

ですが、僕は以前500点台で停滞期を迎えて、

その後3回くらいの受験は500点台から伸び悩んでいました。

 

当時は、模試を繰り返していなかったんですよね。

だからTOEICの問題や時間配分、脳体力が全然足りていませんでした。

文法をいくらやっていても読む速さや単語力、リスニング力がないとTOEICでは点を取れません。

 

その僕の反省を含めて今回の記事を書きましたので、

是非この方法で実践してもらえればと思います。

 

もちろん、TOEICは英語学習の目的じゃなくて通過点として捉えてもらって、

800点を超えるくらいからは英会話や英字新聞の購読などより使える英語力を習得していきましょう。

TOEICの点数が早く欲しいのであればお金を惜しまずに連続で受験しろ

僕がTOEICで手っ取り早く結果を出すには、連続で受験することが一番の近道だと思います。

それに僕はこの方法で600点台から700点、800点まで点数を上げてきました。

僕自身、TOEICを申し込みしていない状況だと勉強なんて全然はかどらなかったのです。

 

なぜなら、正式な期限がなかったからですね。

だからとにかく、まずは申し込みを済ませることがスタートですし、

目標が600点であれば、達成するために何度も連続で受けましょう。

 

連続で受けるとなると試験に慣れてきますし、

出費も大きいので、その元をとるためにも自ずと勉強もするようになります。

このように自分を追い込んで高い点数を取らなければ困る状況を作ることはすごく有効です。

僕はこの方法で800点まで点数を上げてきました。

TOEIC600点は誰でも到達可能だ

最後に、TOEIC600点はしっかりと学べば誰でも到達可能な点数だということです。

自分にでもできると思って勉強しないとやはり身につくものも身につきません。

 

僕自身、もともとはTOEIC200点台という塗り絵でもいけるような点数しか取れませんでしたし、

とにかく英語ができなくて英語コンプレックスでした。

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

そんな僕でも覚悟を決めて勉強をすれば、

TOEICの点数が600→700→800点と伸ばしていくことができました。

 

今がとてつもなく英語にプレッシャーがあったり自信がなかったとしても、自分の可能性だけは信じてみてください!

正しい努力は人を裏切りません。

ではでは

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。