TOEIC700点を達成する為の勉強法!保持者の僕の戦略を大公開!

こんにちは、やまです、

今回は、TOEIC700点を達成する為の勉強法について、

保持者の僕が話していきます。

 

TOEIC700点を取れば、

一般的には英語が得意と確信を持たれる点数になります。

留学や就活だけではなく、転職でも活かせる点数ですね。

 

せっかくTOEICを学んでいるのであれば、

せめて700点までは取っておくと、得が多いです。

 

僕はもともと、英語が苦手で、

塾で最下位、英語が出来ないコンプレックスまみれでしたが、

それでも英語が得意になって、喋れるようにもなりました!

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

 

では、内容について話していきます!

TOEIC700点を達成する為の勉強方法!保持者の僕の戦略を大公開!

では、TOEIC700点を達成する為の勉強法を話していきます。

僕はもともと200点台という、超低得点から始まっているので、

それなりに信憑性があるかと思います。

TOEIC700点を取る為のリスニング、リーディングの点数配分を把握せよ

TOEIC700点を取るには、まずゴールからの逆算が大切です。

要は、リスニングとリーディングを何点ずつ取れば良いのか?ということですね。

TOEICは、リスニングの方が点数を伸ばしやすい性質があるので、

・リスニング400点

・リーディング300点

この配分を取る事が最も簡単です。

 

要は、全体の7割くらいの点数を取れば良いのです。

基礎的な単語力や文法力を持っていれば、

あとは、TOEICに慣れるだけでも、700点を達成する事は可能です。

TOEIC700点を達成する為のリスニング対策とは?

TOEIC700点を取る為のリスニング対策は、どうすれば良いのか?

に関してですが、公式問題集のリスニングを何度も反復しましょう!

これだけで、僕はリスニング400点を取る事が出来ました!

 

公式問題集とは、TOEICを作っているETSという会社が発行していて、

リスニングの声が本番の試験と同じという、多大なるメリットがあります。

 

TOEIC対策の参考書は膨大に溢れていますが、

優先すべき参考書は、絶対に公式問題集です。

 

TOEICの点数が400点にも満たないのであれば、

もっと基礎中の基礎を学ぶべきですが。

でも、この公式問題集をやらない理由がありません。

TOEIC700点の初達成は、体調が悪かった時の本番。それでも700点取れるのだ!

僕のTOEIC700点の初達成は、体調が悪くて、本番後に落ち込んだ時でした。

それが、まさかの700点を越えていて、

3回くらいネット発表の画面を見直しました(笑)

 

その後に、何度がTOEICを受けましたが、

700点を切らなくなりました。

で、何が言いたいのかと言いますと、

達成してみたら、700点はそんなに難関なものじゃなかったということです。

 

だから、「自分には700点くらい取れるんだ!」

と自分に思い込ませる事が大事です。

出来ると思った事は、出来るようになるものなのです。

 

人間誰でも、達成していない事には親近感を感じる事ができません。

自然に身を任せていると、自分なんて無理だと思ってしまいます。

だからこそ、達成できるという思い込みが自分を引っ張り上げてくれます。

下記でも、700点の越え方について話しています。

TOEIC700点の壁を超えるための考え方と勉強法

TOEIC700点を達成した時は、リーディングが最後まで終わらなかった

TOEIC700点を達成した時に、

明確に覚えている事は、リーディングが最後まで終わらなかった事です。

TOEICのリーディングは、かなりのスピード勝負です。

 

時間の割に、英文の量はかなり多くて、

かなり急いで解いても、僕は800点を取る頃まで、

リーディングを終わらせる事が出来ませんでした。

 

なので、TOEICのリーディング問題が終わらなくても、

TOEIC700点は可能なんだ!ということを覚えておいてください。

もちろん、試験中に終わらなくても良い!なんて考えちゃダメですが!(笑)

TOEIC700点を取る為に、英検や英会話の勉強は全部捨てろ!

これは他の記事でも話しているのですが、

TOEIC700点を取る為に、英検や英会話の勉強は全く入りません。

全部捨てるべきです。

 

僕は過去に、英検や英会話の勉強を同時並行していて、

それでTOEICの点数が500点台で停滞しました。

TOEICの点数を伸ばす為には、ひたすらTOEICが効果抜群です。

 

特に、英会話に関しては、後からでも十分です。

TOEICで高得点を取ってから英会話をやった方が断然伸びます。

こういう選択を絞る事は、非常に大切ですよ。

詳しくは、下記の記事で話しています。

TOEIC200点台から800点まで伸ばした秘訣は捨てる事!【TOEIC勉強法】

TOEIC700点は、社会的に認められる高得点!

 

僕はTOEIC700点と取ったあたりから、

周りから「凄い!英語力高いね!」と言われ始めました。

僕が思うに、700点からは希少性が高くなります。

 

TOEIC600点程度であれば、

受験英語で高い基礎力を培った高校生でも、達成出来てしまいます。

ですが、700点となると、急に比率が減ります。

 

なので、「TOEIC700点を持っている」

と人に話すと、

「狭き門に入る為に努力の出来る人」と評価をされます。

でも、取った本人からすると、このくらい大した事ない!

というのが、まさに700点のレベル感です。

 

謙虚な感じなのが、また良いですよね!(笑)

でも、リアルにこんな感じなのです。

TOEIC700点の勉強法は、TOEIC公開テスト本番を練習台とする戦略!

 

TOEIC700点の勉強法は、TOEIC公開テスト本番を練習台とする事です。

え、これどういう意味?と思うもの無理ないですよね。

要は、軽いノリで何度もTOEIC公開テストを受けると言う事です。

 

みんな、お金をケチったりして、渾身の1回を目指そうとしますよね。

それが失敗する原因で、1回だけで決めようとしても、

緊張してしまいます。

 

または、会場の環境や、冬の時期だと咳をする人が多くて、

680点とかになる可能性があります。

大事なのは、お金をケチることよりも、

少しでも早くTOEIC700点を達成すること!これしかありません。

 

英語力に自己投資することは、

かなりコスパが良くて、人生を豊かにします。

だから、軽いノリで何度も受けて試験に慣れてしまいましょう!

 

今回は以上になります。

ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。