TOEIC700点のレベルとは?就職に有利?一般的に英語が得意と言える最低ライン!

こんにちは、やまです。

今回は、TOEIC700点のレベルについて

話していきたいと思います。

 

TOEIC700点のレベルって、色々と見解があると思うのです。

僕が英語学習初心者の時は、

TOEIC700点ってもう神のレベルだと思っていました。

 

そして、どうすればTOEIC700点以上取れるかも気になっていました。

一般的なTOEIC700点の見解と、

英語をバリバリ使ったレベルの人たちの間での見解は全然違います。

 

実際にTOEIC700点以上持っている僕の意見を反映させていきます。

最高では800点を持っているのですが、

去年久々に受けたとしても、700点は超えるのが今の僕のレベルです。

第237回のTOEIC公開テストの結果をします

TOEIC700点のレベルは、TOEICが7割程度解ける程度

TOEIC700点のレベルですが、

TOEIC公開テストで7割程度の正解率かと思います。

 

実際の点数配分に関しては、

企業秘密なので、あくまでも予想となってしまいます。

 

リスニングで400点(7〜8割)さえ取れば、

リーディングは300点(5〜6割程度)でも到達する事が出来ます。

 

僕は昔、TOEIC500点台で一度停滞をしてしまったのですが、

600点を超えたら、その次には700点を超える事が出来ました。

 

超えるまでは、大変な感じがしましたが、

超えてしまえば、「こんな感じで700点って取れちゃうの?」

というギャップがあります。

 

正直、700点を取ってもまだまだ課題は残ります。

しかし、TOEIC700点で取れると細部をしっかりと詰めれば800点も到達出来るでしょう。

 

100点の点数を超えるまで1000時間と言われていますが、

そんなにはかからないと個人的には思います。

TOEIC700点のレベルは、英語が得意と社会的に評価され始める

TOEIC700点のレベルは、英語が得意だと周りから評価され始めます。

英検で言えば、準一級の準備をすれば合格の範囲内に入ります。

 

英語教員の採用試験が免除になるのがTOEIC730点ですし、

転職でもTOEIC700点というのは、

英語を使った仕事の求人条件にも多いですよ

 

僕は大学時代に貿易関係や外資系などの中途の求人を読み漁りましたが、

「TOEIC700点以上は歓迎」というものが多かったです。

 

TOEIC700点は、英語の基礎力が備わっているレベルなので、

その後、仕事で負荷をかけていけば、

英語で仕事は可能なレベルだと言われています。

 

過去にTOEIC700点の壁の超え方について、

記事を書きましたので、是非下記を読んでみてください。

TOEIC700点の壁を超えるための考え方と勉強法

TOEIC700点を大学生の就活の時期から持っていると有利だ

TOEIC700点は、中途採用でも結構優遇されるレベルです。

感の良い方は予想がつくかもしれませんが、

大学生の就活の時点でTOEIC700点を持っているとかなり有利な立ち位置になります。

 

僕は国際文化学部出身(ほぼ英文科)でしたが、

学部内でTOEIC700点以上を持っている人は、非常に少なくて、

TOEIC700点以上持っている人は有名でした。

 

もちろん、大学自体のレベルがそんなに高くなかったこともありますが、

それでもTOEIC700点を大学生から持っていると目立ちます。

ちなみに当時の僕は500点台で、卒業寸前で620点でした。

TOEIC700点のレベルは、英語を使った仕事のスタート地点だ

TOEIC700点のレベルは、

英語を使った仕事のスタート地点だと頭に叩き込みましょう。

昔の僕は、TOEIC700を取れば英語を辞めても良いかなとか思っていました。

 

しかし、TOEIC700点は一般社会的には評価され始めても、

英語学習者や英語を使った仕事をしている人からすると、

まだまだこれからのレベルです。

 

もっと言えば、

TOEIC700点まで取れるのであれば、

TOEIC800点や900点など、もっと上を目指してみるべきです。

なぜなら、あともう一踏ん張りでそういう上の世界に到達出来るからです。

 

英語を学ぶにおいて、

高いポテンシャルのある状態です。

この状態から更に上を目指さないのは非常に勿体ないのです。

TOEIC700点のレベルは、諦めなければ誰でも到達出来る

TOEIC700点のレベルを様々な視野から話していますが、

「諦めなければ誰でも到達できるレベル」です。

 

今の点数がどんなに低くても良いのですが

「絶対に自分にも到達できる」と信じましょう。

 

セルフイメージの世界でもそうですが、

自分に出来ると思って、学んでいれば早く到達できるものです。

 

僕自身、もともとはTOEIC200点台で、

英語がかなり苦手な部類でした。

英語コンプレックスから得意になった僕のプロフィール

 

しかし、しぶとく英語を学んでいたら、

TOEIC200点→300点→400点→500点→600点→700点→800点

と徐々に伸ばす事が出来ました。

今は、TOEIC900点を超える為にまた勉強をし直しています。

 

自分を信じて学ぶ事は、本当に大切です。

TOEIC200点台から800点まで伸ばした秘訣は捨てる事!【TOEIC勉強法】

TOEICを勉強しているのであれば、最低700点までは目指そう!

TOEICを勉強しているのであれば、最低でも700点は目指しましょう。

600点と700点では大違いの評価になるので、

TOEIC700点を持っていると強い自信になります。

 

もちろん、ここで辞めるのも勿体ないですが

最初から高いハードルばかりを気にしていると、しんどかったりします。

なので、500点台以上の人は700点を視野にすると良いです。

300点、400点台の人は、まずは500点以上とかで良いのです!

 

先に始めている人は、もちろん点数が高かったりしますが、

比較する必要は全くありませんからね。

 

もちろん、自分に鞭を打つことも必要にはなりますが、

自分の成長だけを考えて一歩一歩進むのが最適です。

TOEIC700点のレベルに関してのまとめ

TOEIC700点のレベルに関してのまとめですが、

・社会的に英語が得意と認められるレベル

・自分ではまだまだだなーと感じる

・英語関係の仕事の求人に応募できるレベル

・TOEIC800点、900点を目指すべきレベル

 

このような感じですね。

グローバル社会はどんどん進んでいきますし、

AIや翻訳機能が発展するからこそ、英語が出来る人の価値はどんどん高くなります。

 

ということで、

みなさん英語学習を引き続き頑張りましょう。

では、ありがとうございました。

英語塾で過去最悪の劣等生だった男がいかにしてTOEIC800&英語ペラペラと言われるまでに至ったか

僕は0から英語を学んでTOEIC795点を達成し
英語だけで外国人の友達を観光案内などもできるようになりました。


センスや才能があったわけではなく、
小学校から通っていた塾では過去ワースト1位の劣等生でしたし、
大学の英文科に入った時も1番英語ができなくて
英語コンプレックス丸出しでした。


そんな僕でも、正しい勉強法、心構え、戦略に出会って
心を入れ替えて取り組んだ結果、
みるみる英語力が伸びていき、
いつの間にか、周りから英語がペラペラだねと
ネイティブの友達からも言われるようになりました。

英語を学ぶ過程で、
・書き続ける勉強法は効率が悪い、
・日本人は本当は英語習得のポテンシャルが高い、
・脳科学的に証明されている英語勉強法
かなりの時間とお金を費やして、
再現性の高い英語学習法というものが確立されました。


僕の教えた方々もどんどん英語で夢を達成しています。

その経験から、
どんなに英語に苦手意識がある人でも
学校や会社で多忙な生活をしていても、
正しい考え方と戦略さえ学んで継続すれば、
どんな人でも英語を得意になることができます。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
世界が狭くなったこのグローバル社会で
海外からの異文化を肌身で学ぶことができたり、
日本の素晴らしさを外国に伝えることができたり、
経済的にも高収入の職種に就くことができるので、


どんどん英語で夢を達成できる人が増えるのではないかと
いう想いで僕は発信をしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。